モンスターカレンダー

« 2013年7月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

動脈硬化の予防するにも、プラセンタを飲みましょう。

動脈硬化というのは、生活習慣病が引き金となって現れてきますが、その原因は活性酸素が原因で引き起こされるといわれています。
活性酸素は、生きていくために必要な呼吸、紫外線などを浴びると身体の中に生成されていきます。
この活性酸素はとても強い酸性のため、細胞にダメージを与え、老化の原因の一つとも言われているのです。
その行為は、血管を硬くしてしまい、活性酸素が多く作られてしまうと、動脈硬化になりやすいと考えられています。
動脈硬化になってしまったら、血管の中の柔軟性が消え、血液が全身にスムーズに回らなくなってしまうのです。
血液がスムーズに体中を巡らないと血液の塊である血栓が出来やすくなるので、心筋梗塞や脳卒中など生命にかかわる重たい病気に発展してしまうこともあります。

活性酸素の増える原因は、呼吸や紫外線などだけでなく、ストレス、お酒、タバコ、暴飲暴食などによる食生活の乱れ、生活習慣が乱れていたりなどもとても関連性が高いといわれています。

これらの怖い症状を緩和するために使われるのが、プラセンタというわけです。
プラセンタの効用の一つ、活性酸素を省いてしまう働きがあり、活性酸素を除去出来るようになれば、血管の老化を防ぐサポートも得られるので、いつまでも若々しい血管を保つことができるのです。
そうした結果、動脈硬化を予防するだけでなく、たくさんの生活習慣病を防ぐ、もしくは予防するといった方向に繋がるのです;

それより大事なのは、毎日の生活を規則正しい方向に持って行き、それにプラスしてプラセンタを飲むようにすれば、元気な毎日を送れるようになるでしょう。
肝臓に関してはこちらのサイトが詳しいので、こちらをご覧ください。